【マネするだけ】初心者必見のハイローオーストラリアの逆張りのコツを大公開!

ハイローオーストラリアの初心者なんですけど、簡単に使えて勝率もある程度出せる手法とかありますか?

今回は、こんな疑問に答えるべく、

ハイローオーストラリアの逆張りの使い方やコツを大公開していきます。

逆張りは相場分析要らずの手法となっており、ハイローオーストラリアで取引できる端末があれば、いつでもどこでも使用できる万能な手法になっていますので、この機会に是非お試しください。

» ハイローオーストラリア 無料デモ

ハイローオーストラリアの逆張りとは

ハイローオーストラリアの逆張りとは

簡単に言えば順張りの逆です。

順張りを知らない方のために、さらに詳しく解説すると、

相場の流れに反したエントリーをすること

となっています。

順張りも初心者にオススメしたい基本的な手法となっていますので、気になる方は以下からどうぞ。

逆張りの実践での使い方

では早速、逆張りの使い方のコツなどを解説していきたいのですが、実際に逆張りを使っているところを見てみないと理解しにくいと思ったので、

逆張りを使用してハイローオーストラリアで取引している様子を撮影してきましたので、参考までにご覧ください。

また、より理解を深めるには、ご自身で取引することが一番と思いますので、ハイローオーストラリアの無料デモを使って一緒に取引していきましょう。

» ハイローオーストラリア 無料デモ

逆張りの実践での使い方

今回の逆張りは、以下のような内容で取引していきます。

  • 取引:Turbo
  • 時間:30秒
  • 通貨ペア:USD/JPY

通貨ペアは、その日の状況によって変わってきますが、USD/JPYを選んでおけば大丈夫です。

逆張りの実践での使い方2

これは上昇トレンドの真っ最中の相場です。

上昇トレンドから少し価格の低下が見えた瞬間に、相場の流れと逆方向のLowでエントリーしていきます。

逆張りの実践での使い方3

少し危ないかと思う瞬間もありましたが無事に勝利。

どんどん取引を続けていきます。

逆張りの実践での使い方4

次のエントリー時の相場はこんな感じ。

長い長いレンジ相場から、ガクッと価格が下落した感じになります。

もちろんHigh(逆張り)でエントリー。

逆張りの実践での使い方5

快勝!とまでは言えませんが、一度もエントリーポイントを下回ることなく、安定した勝利となりました。

逆張りの実践での使い方6

三度目のエントリー。先程の取引から1分後くらいですね。

価格が少しずつ昇っていったところで逆張りエントリーを仕掛けます。

が、この取引は下記の次の取引の画像を見ても分かるとおり、思うように相場が動かず敗北になります。(結果は撮るの忘れてました)

逆張りの実践での使い方7

最後のエントリーになります。

上昇トレンドの勢いが落ち着いたところでLowで逆張り。

逆張りの実践での使い方8

上昇トレンドの余韻が少し残り、一瞬不安になりましたが、快勝です!

結果は、取引時間が合計で4分程で、3勝1敗の勝率75%、利益は18500円となりました。

相場分析もしない上にMT4も見ずに、この結果ですので、コツさえ掴めば逆張りの精度が如何に高いか分かりますね。

勝率を上げる逆張りのコツとは

逆張りを行う際のコツは以下の通り。

  1. 価格の反発を狙う
  2. 逆張りと相性の良い時間帯を選ぶ

一つずつ解説していきます。

価格の反発を狙う

価格の反発とは下記の画像の丸で囲まれているような価格の動きを指しています。

価格の反発

よく見ると分かると思いますが、価格の反発が起きると反発した方向と逆方向にその後相場が動いていっていることが確認できると思います。

逆張りでは、この価格の反発を狙ってエントリーしていくことで取引に勝っていくわけですね。

上記の取引でも、価格の反発を積極的に狙って取引していることが見返すと確認できると思います。

逆張りの実践取引を見返す

逆張りと相性の良い時間帯を選ぶ

また、ハイローオーストラリアには、

逆張りと相性の良い時間帯

という物が存在しており、価格の反発を狙った取引の勝率を上げることができます。

逆張りと相性の良い時間帯は各通貨によって決まっており、下記の通りです。

  • ニューヨーク市場:5時〜6時
  • 日本市場:11時〜14時
  • ロンドン市場:19時〜21時

この3つの通過の時間帯がなぜオススメかというと、取引量が著しく少なくなる時間帯なためですね。

逆張りは、トレンド方向と逆方向にエントリーする性質上、取引量が多くトレンドが長続きする相場とは相性が悪くなっており、逆に取引量が著しく少なく、レンジ相場が多くなるような上記の時間帯とは相性が良くなっています。

これは、一度取引した方が実感しやすいものとなっていますので、時間が合えば是非お試しください!

無料デモで練習しよう!

無料デモで練習しよう!

逆張りの実践での使い方やコツを解説していきましたが、マネするだけでいいとは言っても、最初は勝手も良くわからないはず。

良くわからない状態でリアルトレードをしてしまうと、良くない結果になりやすいと思いますので、

まずは逆張りの使い方やコツをある程度理解するまで無料デモで練習することをオススメします。

» ハイローオーストラリア 無料デモ

逆張りと相性の良い手法など

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。