マーチンを使ってハイローオーストラリアで取引したら無敗のうえに92,000円の利益を獲得!

今回は、

初心者必見の絶対負けない手法マーチンゲールの使い方を、

実際にマーチンゲールを使ってハイローオーストラリアで取引した実践内容を元に、詳しくご紹介していきます。

本手法はデモトレードでも使用できますので、是非デモトレードで試しながらご覧ください。

無料デモはこちらから

マーチンゲールをハイローオーストラリアで使用する方法

マーチンゲールをハイローオーストラリアで使用する方法

マーチンゲールとは

  1. 取引を開始する
  2. 負ける
  3. 前取引の倍額の掛け金で再度取引する
  4. 負ける→②に戻る/勝つ→終了

の①〜④までの手順を勝つまで繰り返す手法となっています。

この手順を勝つまで繰り返すことで、最終的に利益が掛け金を追い越すようにする、つまり絶対に負けないようにする、ということが可能になっています。

マーチンゲールの2つの注意点

前述した通り、マーチンゲールを勝つまで繰り返すことで絶対に負けないようにする、という状況を作り出すことが可能になっていますが、

ハイローオーストラリアでマーチンゲールを使用する場合には、下記の2つの事項に注意して取引行っていく必要があります。

  • 掛け金の上限を超えると回収不可能になってしまう
  • ペイアウト率が2倍以上でないと利益が出ない

簡単ですね。

ペイアウト率2倍以上の取引で、掛け金が200,000円を越さないようにする。

それだけで簡単に、絶対に負けない状況を作り出すことができます。

マーチンゲールを使ってハイローオーストラリアで取引した実践内容

「百聞は一見に如かず」

実際に取引している様子を見てもらった方が理解しやすいと思いますので、実践内容を画像にて解説していきます。

マーチンゲールを使ってハイローオーストラリアで取引した実践内容 1

まずは、1回目の取引。

微妙に下降気味の相場になっていますが、どうせ最後に勝てばいいからHighで適当にエントリー。(笑)

マーチンゲールを使ってハイローオーストラリアで取引した実践内容 2

適当にした罰か、初戦は惨敗、一ミリも上昇していません(笑)

悔しいのでもう一回、Highでエントリーしていきます。

マーチンゲールを使ってハイローオーストラリアで取引した実践内容 3

レンジ相場に入ってしまいましたが、エントリーポイントが良くギリギリ勝利。

初戦は負けてしまいましたが、2回目の取引で勝てましたので、16,000円の利益を獲得

この調子でどんどん取引を継続していきます!

取引2回目

マーチンゲールを使ってハイローオーストラリアで取引した実践内容 4

取引2回目。

全体的に価格が下落傾向にあるので、Lowでエントリー。

マーチンゲールを使ってハイローオーストラリアで取引した実践内容 5

サクッと1回目の取引で勝利

マーチンゲールを使用する前提で取引していても、1回目の取引で勝てれば気持ち良いですね(笑)

13,000円の利益を獲得。

取引3回目

ここからは、結果のみをご紹介していきます。

マーチンゲールを使ってハイローオーストラリアで取引した実践内容 6

1〜3回目の取引は、全てLowエントリーで敗北。

4回目のエントリーでHighにエントリーを変更し見事勝利

34,000円の利益を獲得。

取引4回目

マーチンゲールを使ってハイローオーストラリアで取引した実践内容 7

初戦で勝利。13,000円の利益。

取引5回目

マーチンゲールを使ってハイローオーストラリアで取引した実践内容 8

2回目の取引で勝利。16,000円の利益。

最終結果

これ以上取引を続けると、記事の尺が長くなってしまいますので、この辺で終了とします。

最終結果は、

5戦5勝で勝率100%。利益は合計で92,000円になりました。

マーチンゲールは危険と言われており、ハイローのトレーダーからも敬遠されるイメージにありますが、

リスク管理をしっかり行い、正しくマーチンゲールを使用すれば、初心者でも使いやすくオススメの手法と言えますね。

無料デモで練習しよう

無料デモで練習しよう

マーチンゲールは前述した通り、正しくリスク管理すれば絶対に負けない強力な手法ですが、間違った使い方をすれば掛け金が回収不可能になる諸刃の剣のような手法になっています。

とは言っても、掛け金が200,000円を越えないように取引すれば絶対に負けはありませんので、

デモトレードでしっかり練習を重ねてから、リアル口座で使用することをオススメします。

無料デモはこちらから

マーチンゲールと相性の良いオススメ手法!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。