ハイローオーストラリアで爆益を得る方法を試したら本当にこれまでで一番の爆益になりました。

投資をしている人なら一度は夢に見る「爆益」、

ハイローオーストラリアで爆益を得る方法はないかと、ネットサーフィンしてみると、魅力的なものがありましたので、

実際にハイローオーストラリアで爆益を得る方法を実践し、その結果を実践画像とともにご紹介していきます。

ハイローオーストラリアで爆益を得る方法とは

ハイローオーストラリアで爆益を得る方法とは

ハイローオーストラリアで爆益を得る方法とは、

大きな狙い目がきた際に、同じトレンド方向に向けて複数のエントリーを行う

という、単純明快な手法となっています。

具体的に段階に分けて解説すると、

  1. 狙い目の相場を探す
  2. 狙い目の相場が見つかったらトレンド方向を決める
  3. 一定の方向に複数のエントリーを行う

上記の3ステップとなっています。

ハイローオーストラリアで爆益を得る方法を実践した結果

実際に取引している様子を見てもらった方が理解しやすいと思いますので

ハイローオーストラリアで爆益を得る方法を実践した結果を、画像を使って詳しく解説していきます。

また、今回の爆益を得る方法では、Turboの3分取引で取引を行っていきます。

取引1回目

ハイローオーストラリア 実践画像

相場の状況はこんな感じになっています。

徐々に価格が下落し続けている状況ですね。

ハイローオーストラリア 実践画像2

まだまだ価格の下落は止まらない、との予想で、

Low方向に合計4発エントリーをしていきます。

エントリー額は総額20万になりますので、負ければ20万がパー、勝てば約40万返ってくる、凄い大博打ですね(笑)

ハイローオーストラリア 実践画像3

判定まで残り1分30秒

調子良く価格が下がってくれていますね。

ですが、エントリー額20万は油断できませんので、いつでも転売して損切りできるように、転売画面を表示させておきましょう。

ハイローオーストラリア 実践画像4

判定後

予想が見事に的中し、4発全てが勝利となりました。

この取引のみで利益は総額38万円、エントリー金と差し引き180,000円の利益となりました。

取引2回目

爆益を得る方法の使い方は、先ほどの取引で理解してもらえたと思いますので、

ここからは取引の開始と結果のみをお伝えしていきます。

ハイローオーストラリア 実践画像5

相場の状況はこんな感じ。

上昇トレンドから一気に価格が下落してレンジ相場に入ったところですね。

一気に価格が下落しても下降トレンドに入らずにレンジ相場になっていることからも、上昇の勢いが強いと予想してHighでエントリーしていきます。

ハイローオーストラリア 実践画像6

はい、惨敗ですね。

エントリー後は下落気味のレンジ相場が続き、判定後ちょっとしてから上昇トレンドに入りましたので、もう少し待ってからHighエントリーが正解でした。

一気に20万の負けとなりましたが、いい経験になったと次に生かします。

取引3回目

ハイローオーストラリア 実践画像7

3回目の取引時の相場状況はこんな感じですね。

1回目の取引と似た相場で、下降トレンドが終わりレンジ相場になっています。
ただ1回目の取引と変わったことが一つあり、ここ1時間ほど価格の上昇の勢いが強くなっているんですね。

上記の点を踏まえ、今回はHighでエントリーしていきます。

ハイローオーストラリア 実践画像8

予想的中です。

4発全て勝利で、差し引き180,000円の利益になります。

これでやっと、先ほどの負けを取り戻せました、、(笑)

取引4回目

本当はここまでで終了するつもりでしたが、上昇の勢いが強く、まだまだしぼりとれそうなので、

あと一回だけ取引を続けていきます。

ハイローオーストラリア 実践画像9

先ほどの取引の直後ですね。

同様に上昇の勢いが強くなっていますので、

High方向に5発エントリーしていきます。

ハイローオーストラリア 実践画像10

気持ちいいくらいの勝利です!(笑)

全然落ちる気配なく上昇してくれましたので、安心して眺めていれました(笑

収益は5発全て勝利で、差し引き225,000円の利益になりました。

最終結果

危うく負けそうな雰囲気にもなりましたが、ハイローオーストラリアで爆益を得る方法を実践した最終結果は、

3勝1敗の快勝で差し引き385,000円の利益となりました。

ちなみに一応補足として、ハイローオーストラリアで爆益を得る方法に勝率を上昇してくれる効果はありませんので、他の手法などと兼用して使用することがオススメになっています。

» 無料デモで爆益を得る方法を試す

勝率が上がるオススメの手法一覧

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。