ハイローオーストラリアで口座凍結になる理由や対策方法を徹底解説!

  • ハイローオーストラリアの口座凍結って一体なんなの?口座開設になるとどんなことが起きるの?
  • 口座凍結になる理由や対策方法を詳しく知りたい!

今回は、こんな疑問に答えるべく、

ハイローオーストラリアの口座凍結になる理由や対策方法を、初心者にも分かりやすく解説していきます。

ハイローオーストラリアの口座凍結とは

ハイローオーストラリアの口座凍結とは

始めに、ハイローオーストラリアの口座凍結の概要をお伝えしていきます。

ハイローオーストラリアの口座凍結には、以下の2つの種類が存在していますので、

  • 限定口座凍結
  • 完全口座凍結

順を追って、それぞれの概要を解説していきます。

限定口座凍結の概要

限定口座凍結とは、その名の通り、

限定した機能に利用制限がかけられる口座凍結

となっています。

限定される機能は以下の通り。

  • 連続したポジションの保有を制限
  • 取引上限額が5,000円に制限
  • 入出金の一部制限

困ることは困るけど、問題なく取引を行えるレベルではありますね。

また、連続したポジションの保有を制限されることで、両建てなどの連続エントリーを前提とした手法は完全に使用不可になります。

限定口座凍結になる理由

限定口座凍結になる理由を色々と調べた結果、以下の行動をすると限定口座凍結になりやすくなっていると分かりました。

  • 自動売買ツールの使用
  • 同一のIPアドレスによる複数口座の運用
  • 短期間で多額の利益獲得

ハイローオーストラリアは、自動売買ツールの使用や同一のIPアドレスによる複数口座の運用は禁止としているので、使用の事実があるなら限定口座凍結は当然の行いと言えます。

短期間で多額の利益獲得については、稼ぎすぎている一部のユーザーがハイローオーストラリアの独断により口座凍結になるという話を聞いたことがありますので、そんなところでしょうか。

ちなみに、筆者の僕は一度も口座凍結の経験はありませんので、月に何十万レベルであれば凍結は大丈夫でしょう。

完全口座凍結の概要

完全口座凍結とは、名前からも想像できますが、

完全に口座が使用できなくなる口座凍結

となっています。

完全と言っても、抜け道があるんじゃないの?

なんて思うかもしれませんが、

そもそも取引や入出金から使用ができなくなりますので、抜け道どころか、利益の出金すらできるか怪しいレベルとなっています。

ちなみにネットの情報だと、完全口座凍結になっても出金だけはさせてくれた事例もあるそう。

完全口座凍結になる理由

完全口座凍結に関しては、公式にちゃんと記述がありましたので、そのまま記載しておきます。

以下の事由に一つでも該当する場合、口座が強制的に解約されます。

  • レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
  • 業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
  • クレジットカードの乱用が認められた場合
  • 取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
  • 本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
  • 同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

要は正当に取引しよう!ってことですね(笑)

上記の項目のほとんどが、普通に取引しているだけでは問題ない物ばかりとなっていますが、

「クレジットカードの乱用が認められた場合」の項目については、ハイローオーストラリアの名義と異なるクレジットカードを使用した場合も該当されるため、十分にご注意ください。

口座凍結の対策方法

口座凍結の対策方法

口座凍結の対策方法は、

禁止行為をしないように正当に取引する

これに尽きます(笑)

ただ知識がないと、知らず知らずのうちに禁止行為を実行している可能性もありますので、禁止された行為は把握しておきましょう。

ハイローオーストラリアで口座凍結を解除する方法

ハイローオーストラリアで口座凍結を解除する方法

結論から言うと、

口座凍結の解除は、一部の場合を除いては現実的でないそうです。

ただこれは、「一部の場合を除いて」ですので、一部の場合だと解除の可能性は十分にあります。

その一部の場合とは、完全にハイローオーストラリアの誤審であること。つまり、ハイローオーストラリアが勘違いして口座凍結にしてしまった場合ですね。

この場合につき、以下のハイローサポートに問い合わせることで解除の可能性がありますので、とりあえず問い合わせをしておくことをオススメします。

ハイローサポート

まとめ

今回は、

ハイローオーストラリアの口座凍結について、詳しく解説させていただきました。

今回のおさらいは以下の通り。

  • 正当な取引していれば問題ない
  • 口座凍結を解除するには問い合わせをするしかない

それでは。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。